誰でも簡単にダイエットが継続できて成功する虎の巻!

痩せたい悩める方々のダイエットのための知識満載!食事でダイエットしたい!ジムでダイエットしたいけどどんなジムに行っていいか、運動していいか分からない方々は必見です!

単品ダイエットは危険度100%

ドトールのジャーマンドッグを頬張りながら隣のカップルの会話を盗み聞きしてるキントラマスクです🐯

 

 

昔の日本人は食事内容も米や玄米、粟飯、麦飯、魚やみそ汁や漬物、炭水化物、タンパク質、脂質がそこそこ摂取できていたと考えられる。しかし1日6合の米を食べていたと記録があるが、当時は現代のように便利な機器がなく全て手作業、交通機関なども今のように存在していなかったので、歩くのがほとんど。生活しているだけでも今の何倍も身体を動かしていたため、米6合食べていたとしても、現在のような肥満に悩む人間は少なかったのではないかと思う。

 

f:id:jokerlike:20211112183159j:image

 

ところが今ではどこに行くのにも車や電車、徒歩10分くらいのとこでもタクシーに乗りたがる人も多い。階段などは比較的利用せず、エレベーターやエスカレーターなどを並んででも利用する、正にこれは怠惰の極みである。

 

 

食事も現在は飽食の時代、飲食店が増え、スーパーやコンビニの普及。居酒屋などの酒を提供するお店など、もはやどこにいっても食べ物が食べれるグレイトな時代なのだ。歩かない、いつでもどこでも食べられる。こんな環境に身を置いては太らない方が無理ある。

 

 

その代償は多くのメタボリック星人を生み出してしまった。

 

f:id:jokerlike:20211112155816j:image

 

このメタボリック星人の対策として生まれたのが

 

 

ダイエットである

 

 

 

 

ダイエット=体重を減らすという方が多いように思われるが体重を減らすというよりも体脂肪を減らすということ。

 

 

体重を減らすという目的から生まれたのが、リンゴしか食べない、バナナしか食べない、蒟蒻しか食べない、サラダしか食べないなどの単品しか食しない単品ダイエットだ。

 

f:id:jokerlike:20211112161236j:image

 

 

単品ダイエットはどれも効果どころか、身体をボロボロにし、どんどん痩せにくい体質になってしまう、クソ役に立たないダイエットだ。この危険なダイエットを推していた当時の管理栄養士さんをロッキー山脈まで投げ飛ばしてやりたい気分だ。

 

 

ダイエットはあくまでも健康的を保ちながら痩せるという本質がある。身体に必要不可欠な三大栄養素であるタンパク質、炭水化物、脂質、ビタミン、ミネラル、食物繊維などをバランスよく含み、過剰なエネルギー摂取を抑えた食事を3食キチンととることから始まる。

 

 

ところがリンゴにしろ、こんにゃくにしろ、単品でそれだけを食べ続けなければいけない。この愚かな行為は、三大栄養素が完全に欠乏状態のため身体は軽い飢餓状態に陥いる。こうなってしまうと身体に入ってくるものを少しでも蓄えておこうと脂肪細胞が反応し、体脂肪はドンドン増えてくる。

 

 

この生活を数日続けたとしょう。

体重は減り、カラダは確かに痩せるだろう。

しかしカラダの中はえらいことになっとる。

 

 

 

筋肉、骨、皮膚、血液、内臓などがエネルギーとして使われるため分解されボロボロになる。筋肉に栄養が行き届いてない状態になっているため力が出ない、疲れやすい、トレーニングに対してのモチベーション低下、普段の日常生活を送るための気力の低下、免疫力も低下し病気にかかりやすくなる。

 

 

さらに大変な事態がおきる

 

 

 

筋肉量が落ちる

 

 

こうなってしまうと基礎代謝の低いカラダになっており、また軽い飢餓状態により食べたものをエネルギーとして燃やすよりも貯蓄に回そうとするシステムが体内に確立し、正常な食事を摂ったとたん身体は体内にエネルギーを蓄えなくてはと栄養分を欲しがる。基礎代謝の落ちた身体は摂取したエネルギーを燃やしきることなどはしない。どんどん脂肪細胞になだれ込み余計に体脂肪をたくさんつけてデブが出来上がる。これが、、

 

 

リバウンド

 

 

といわれている現象だ。

 

 

この悲しすぎる身体の現象は原始時代から遡る、マンモスを狩っていた、あの懐かしい時代はいつ次の食事にありつけるか分からないというリアルモンハンな時代だった。飢餓の危機を何度も乗り越えてきた。そのため余分なエネルギーを摂取したら脂肪細胞のなかに貯蔵するシステムを体内に確率したといわれている。

 

 

では、その身体に脂肪をため込まないようにするにはどうしたらいいか?

 

 

 

 

食事の改善と運動

 

 

シンプルだが上記2つをしっかりと行うことだ。

 

 

あらためて単品ダイエットのリスクを伝えよう、人が生命を維持するために欠かせないたんぱく質やビタミン、ミネラルが不足してしまい、 栄養失調に近い状態になる。病気を引き起こすだけでなく基礎代謝も低下する。 基礎代謝が低下すると、筋肉量が少なくなるため減量しにくくなる。ダイエットをすることで筋肉や水分は減少したとしても、最も落としたい脂肪はほとんど落とせない結果になってしまいます。  ダイエットを成功させるには基礎代謝をいかに高めるかがポイントとなるため、単品ダイエットは基礎代謝の面から見ても目標に逆行している。

 

 

ダイエットを成功させるためにはカロリーの上限を決め、その内訳の中で栄養バランスを考えた健康的な食事を行い、必ず週に1回でもいいので運動習慣をつけることだ、筋トレが苦手なら有酸素運動でもよい。自分で運動を行うスイッチが入らなければパーソナルトレーナーをつけてトレーニングすることをおススメする。まずは運動を行うキッカケをつくるのだ。

 

 

ダイエットは食事でも可能、しかし運動を行えばもっと効果は上がる。

 

 

本当にダイエットしたい気持ちがあるなら、食事と運動は並行して行おう。