誰でも簡単にダイエットが継続できて成功する虎の巻!

痩せたい悩める方々のダイエットのための知識満載!食事でダイエットしたい!ジムでダイエットしたいけどどんなジムに行っていいか、運動していいか分からない方々は必見です!

揚げ物デブを攻略せよ!

から好しの唐揚げのタレ皿が小さくてつけづらくて困るキントラマスクです🐅

 

f:id:jokerlike:20211026002925j:image

 

今日は毎日のように揚げ物を喰らっているデブに対してのダイエットの攻略ポイントを説明します。

 

 

揚げ物フルカット

 

 

ハッキリ言ってこれで解決しますが、食うななんていったら多くのデブはデモをおこしかねないのでもう少しハードルさげまひょう。

 

 

 

揚げ物ハーフカット

 

 

 

まあ、なんかキューピーハーフみたいになってきましたが、これは間違いなく正論ですが、これができたらデブどもは苦労はしてませんね。

 

 

揚げ物はカロリーも高く脂質も高いので、ダイエット中はなるべく控えたいものですが、どうしても食べたいときは必ずある。

 

 

そんな時にチョイスしてほしい揚げ物は脂身の少ない肉系のものを食べてほしい。

 

 

鳥の唐揚げならモモ肉ではなく胸肉の唐揚げを選びましょう。あと、鶏肉のカロリーは皮の部分に多く含まれており、皮を除くことで大幅にカロリーと脂質を抑えられます。皮をムキムキして一つ上の男になりましょう。

 

 

カツならロースカツではなくヒレカツやチキンカツを選びましょう。

f:id:jokerlike:20211026003538j:image

ヒレ肉のとんかつは、ロース肉のとんかつに比べて約150kcalもカロリーダウン、脂質もロースと比べて15.5gカットできるんだからヒレカツを選ばない手はない。

 

 

あと、NGのものとしては下記の揚げ物は避けたいところ

 

 

・コロッケ

・メンチカツ

カニクリームコロッケ

・フライドポテト

 

 

コロッケとフライドポテトに関しては糖質と脂質という地獄のツープラントン

 

カニクリームコロッケは小麦粉や牛乳などを原料としたホワイトソースを油で揚げているためです。糖質と脂質を多めに含んだ揚げ物になります。

 

メンチカツは上記の揚げ物と比べて糖質は少なめですが挽肉を使用しているためダントツの脂質の量になります。

 

 

これらの理由を考えると上記に挙げた揚げ物は避けたいところです。

 

 

揚げ物は揚げ物でも、衣の厚さによって油の吸収率が変わります。

そもそも揚げ物が高カロリーなのは油を大量に使う調理法であるためですが、同じ揚げ物でも衣によって吸油率が異なり、カロリーが大きく変わってきます。

揚げ物の吸油率は、下記のように衣が厚くなるほど高くなり、それに伴ってカロリーも上がります。

 

・素揚げ(衣なし):3~8%

・唐揚げ(小麦粉・片栗粉):6~8%

・天ぷら(水に溶いた小麦粉):15~25%

・フライ(パン粉):10~20%

 

唐揚げは衣が薄いので、揚げ物の中で比較するとヘルシーなほうということになります。

 

f:id:jokerlike:20211026003147j:image

 

 

 

結論

 

揚げ物デブは

唐揚げを喰ってやせろ。

 

 

 

とはいえ、どんなに唐揚げが他の揚げ物と比べて優秀でも食べる頻度を減らしていきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

ブログランキング

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村 美容ブログ トータルビューティーへ
にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 体重3桁(100キロ超)のダイエットへ
にほんブログ村 ダイエットブログ 目標体重 50kg台(女)へ